書籍

乳酸菌の面で人気の日本食

乳酸菌が健康に良いということは理解していても、具体的にどういった効果があるのか、多分乳酸菌に関しては、腸内環境を整えるとかおなかの調子を良くしてくれるくらいの理解の方が多かったようです。
でも現在は有効的な働きを具体的に理解し、その働きを日々の健康に活かしている人が増加しています。

乳酸菌の摂取を考えるとヨーグルトが思い浮かぶ方が多いと思いますが、実は私たち日本人は常に乳酸菌を体内に摂取してきたのです。
一汁一菜、和食、日本食は今、世界からも注目される素晴らしいスローフードを言われていますが、まさしくこの日本食の献立の中に、必ず一つは乳酸菌が含まれた食品が利用されてきたのです。

旅館の朝食を思い浮かべてみてください。
ごはん、味噌汁、漬物、焼き魚、のり、納豆・・・・定番というとこんな感じです。
ザ・和食といったメニューですが、このうち、味噌汁のみそ、漬物、納豆、それに海苔につけるしょうゆなど発酵食品類に乳酸菌が豊富なんです。
ヨーグルトなどを食べる習慣がなかった時代でも、日本人は日々の食事の中で乳酸菌をしっかり体内に取り込んでいたのです。

悪玉菌の発生は脂肪分の多い食事と言われますが、昔ながらの日本食は脂肪分が少なく、栄養素をバランスよく含んだ腸内環境には最適な食事となっていたのです。
肉類の摂取によって日本人の体格は以前よりもずっと大きくなり、筋肉の付き方も良くなったといわれます。
でも、そこに日本食をプラスし、積極的に乳酸菌を得ることで、体内も丈夫に健康的にすることができるのです。
日本食は健康効果から見ても、見直すべき食事なんです。