書籍

肌荒れを乳酸菌で解決

便秘を繰り返している人の中には、肌トラブルを抱えている人が多いです。
口の周りにニキビができたり、いつの間にか乾燥肌になっていたり、お化粧ものらないので、外出するのも嫌になる方もいるでしょう。

肌トラブルを抱えている方に話を聞くと、腸内環境が悪い状態であることがわかります。
おなかの調子が慢性的に悪い、便秘薬を用いて便を出すしかないなど、その環境はかなり悪い状態です。
なぜ腸内環境と肌荒れと乳酸菌が関係あるのか?そこを理解しておきましょう。

腸内に悪玉菌が多く、乳酸菌などの善玉菌が少ない状態だと、便がたまりやすくその状態が継続されると腸の蠕動運動の能力がおちてしまいます。
腸はこの運動を行うことで栄養素を腸壁から吸収し、不必要となったものを便として排出させます。

蠕動運動が活発であれば内臓の血液の流れも良く、うまく食べ物から栄養素を吸収することができるようになります。
腸壁から血液に溶け込んだ栄養素は、必要各所に送られていきます。
臓器、脳、そして皮膚にも送られます。
皮膚は血液によって流れてきた必要な栄養素を吸収し、肌のターンオーバーを繰り返し常に新しい皮膚を作り出していますが、腸内環境が悪い状態であれば、必要な栄養素が腸壁からうまく吸収できないうえに、不必要な老廃物などを停留している便から吸収してしまい、それが肌に届くため肌荒れを起こしてしまうのです。
肌荒れと乳酸菌の摂取、まったく関係ないようで実は深く関係しているのです。