書籍

おなかの調子と乳酸菌

乳酸菌が今、色々な分野から注目されています。
昔からおなかの調子が悪くなると、ヨーグルトなど乳酸菌が豊富な食品を食べるようにと言われてきました。
おなかの調子に、なぜ乳酸菌が関係するのか?というと、腸内の有害な細菌類を撃退してくれるからです。

腸内に入るとブドウ糖を分解し乳酸や酢酸を作ります。
乳酸や酢酸が腸内に多くなると、腸の中は酸性になり、酸性に弱い悪玉菌は元気がなくなっていきます。
これまで悪玉菌が多く優位になっていた腸内は、継続的に乳酸菌を摂取することにより増加する乳酸菌によって、立場が逆転します。
乳酸菌などの善玉菌が腸内で優位になれば、それまで悪玉菌によって多くなっていた有害物質などの生成が減少し、おなかの調子が良くなるのです。

下痢や便秘を繰り返しているという状態の方で、腸に病気を持っていない状態の方は、腸内で悪玉菌が多くなり、有害物質や発がん物質を発生させているかもしれません。
この状態を打開し、善玉菌が優位な状態に改善、また維持していくためには、乳酸菌を継続的に取り入れることがとても重要なのです。

おなかに善玉菌が多くなり、腸内環境http://lacticacid-bacterium.com/fed5.htmlがよくなれば、慢性的な便秘などに悩んでいる方も、少しずつおなかの調子を取り戻していくはずです。
乳酸菌に関しても、継続は力なり!です。