書籍

プロバイオティクスと乳酸菌

イギリスのフラー博士という方が「プロバイオティクス」を初めて提唱しました。
1989年のことです。
このプロバイオティクスというのは、「腸内フローラのバランスを改善し、人にとって有益な作用をもたらす微生物を増加させていこう」というものです。
日本でもここ数年、ヨーグルトなどの製品にプロバイオティクス商品と書かれていることがあります。

この考え方はアンバイオティクス「抗生物質」による副作用や抗生物質を利用することから生まれる耐性菌発生に関して批判することから生まれた言葉です。
アンバイオティクスの場合、抗生物質で菌を殺し体を病原体から守るというものですが、プロバイオティクスは体内に良い菌を増加させることで体を保護して以降という考え方です。

このプロバイオティクスhttp://www.koozba.com/purobaio.htmlに基づく菌と言えば、やはり乳酸菌です。
乳酸菌を体内に継続的に摂取し、乳酸菌を増加させることによって、腸内を強くし免疫力を向上させ、病原菌に強い体を作ることができます。
乳酸菌の利用は抗生物質の利用とは異なり、副作用や耐性菌を生み出すこともないので、人の体にやさしい方法として注目されています。
プロバイオティクスに利用される菌類としては、LG21や1073R-1、ラクトバチルス・ガゼイ、シロタ株、カルピス菌、LGG菌、BE80菌、ブルガリア菌、ラクトバチルス・プランタラム、テトラジェノコッカス・ペントセサウス、ラブレ菌など多数存在しています。