書籍

植物性と動物性の乳酸菌を分析

乳酸菌には動物由来のものと植物由来のものがあります。
私たちは乳酸菌と言えばヨーグルトやチーズなどを思い浮かべますが、これらは動物性乳酸菌です。
健康のために乳製品を摂取しようと、給食などにもよく出てきました。
ただこの動物性の場合、ほかの細菌、微生物と共存できない、単独でのみ生存できるというもので、乳酸菌の中でも弱い菌と考えられています。

植物性の乳酸菌は、キムチ、漬物、納豆、みそなどに豊富に含まれています。
塩分にも胃酸にも強く生きたまま腸に届く乳酸菌と言えば、ほとんどが植物性です。
胃酸などの消化液に分解されにくいので、腸内まで生きたまま到着し定着しやすい素晴らしい乳酸菌です。

ここまで読んでいくと、じゃ、ヨーグルトなどの動物性の食品類をいくら積極的に摂取しても意味がないじゃないかと考えてしまいます。
でもそうではありません。
動物性と植物性をバランスよく摂取するとその相乗効果が得られます。

動物性は胃酸などに弱く、腸まで生きたまま到達できない菌ですが、動物性の食品等を摂取することによって、植物性乳酸菌をより活性化し、強く長持ちさせてくれるのです。
なぜか、というと、植物性の菌たちが生きていくために必要なエサとなってくれるからです。
また死亡してしまった、胃酸によって分解されてしまった動物性の菌でも、単独で生存してきたという特徴を持っていますので、腸内を刺激し免疫力機能を活性化するという力も持っています。
みなさんも乳酸菌で健康生活始めてみませんか。