書籍

乳酸菌の善玉菌の効果で悪玉菌を退治

腸内には善玉菌と悪玉菌、そして日和見菌がいます。
腸内細菌と呼ばれるこれらの菌は人の体にとって必要なものです。
特に善玉菌は人の体の免疫などを活性化させ、腸内環境を整えるためにとても重要です。
悪玉菌は腸内で腐敗物質や発がん物質を発生させるなど、人の体に悪影響を与えます。
悪玉菌が優位となれば普段何もしない日和見菌も悪い方向に働くので非常に厄介です。

この悪玉菌を抑制、排除してくれるのが善玉菌、中でも乳酸菌の働きは目を見張るものがあります。
腸内で腐敗物質や発がん物質を発生させる悪玉菌の働きを抑制し、その数を減少させることは腸内を健康な状態に導き、病気になりにくくウイルスなどにも強い体を作り出すのです。

悪玉菌は名前の通り悪さをする菌なのですが、悪玉菌の中の大腸菌などは体外から侵入した病原菌などの繁殖を抑制するという働きを持っています。
ただこの悪玉菌の数が多くなると、タンパク質などを餌にアンモニアやスカトール、発がん性物質など有害物質を作り出してしまうのです。
つまり、善玉菌と悪玉菌などの菌類のバランスが良い、悪玉菌もいるけれど、善玉菌が常に優位で悪玉菌を支配しているということが必要となるのです。
乳酸菌などの善玉菌を継続的に体内に摂取することは、乳酸菌等の善玉菌を優位な状態にし、悪玉菌の増殖を抑制、不必要なものは排除するなどの働きを常に行うことができる腸内にできるということなのです。