書籍

腸に届きやすい乳酸菌

最近は胃酸などで分解されてしまった乳酸菌にも健康効果があるのではないかと研究がすすめられています。
動物性乳酸菌などは消化液に弱く腸まで届くことはほとんどないといわれることもありますが、死亡した菌でも植物性乳酸菌のエサとなることがわかっているため、両方をバランスよく摂取することが望ましいとされています。

生きたまま腸まで届く乳酸菌は今多数発見されていて、ヨーグルトやサプリメントなどに活かされています。
生きたまま腸内に届き、増殖し腸内をいい環境にしてくれる強い菌たちを紹介します。

漬物に多く含まれているラクトバチルス・プランタラムは免疫作用を強化する働きが強い、また胃炎予防となるという報告もあります。
ぬか漬けやサワークラウトなどに利用されてきた菌類です。
同じくキムチなどに利用されるのは、ラクトバチルス・ブレビスです。
ベディオコッカス・ペントサセウスに関しても、漬物などに利用されますが、免疫強化力が強い乳酸菌です。

最近注目されているラブレ菌はナチュラルキラー細胞を活性化し、病気予防、ウイルス予防、またウイルス撃退能力をアップさせるという素晴らしい乳酸菌です。
すぐき漬けという京都名産のお漬物から発見された乳酸菌で、ラクトバチルス・ブレビス・サブスピーシス・コアギュランスというものです。

このように、腸まで届く乳酸菌を理解していくと「植物性」が多いということ、昔から日本で食されてきた食品に多いということも理解できます。
生活の中に活かしていきたいものです。